読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

壁に向かってフルスイング

アラサー女の考えていることです

2歳児を抱える私の最近のストレス1位は「選択した上でお金が使えない」事

4月から会社に復帰し、

12月からフルタイムに変更。

もうすぐ第二の社会人人生が1年目を迎えます。

 

 

先週、なんだか凄く心が辛くて、久々に夫にビービー言ってしまった。

 

 

何が辛いのか自分で考えたのですが

「買い物」が満足に出来ないことがすごいストレスにつながっているのでは。

と・・・。

 

 

子供と買い物にいくと「比較」する余裕がない。

小さい頃、私も母親がデパートで服屋めぐりをするのを

「つまんない〜〜かえりたい〜〜」と思った記憶があるように、

子供にとってつまらない親の服屋。

一つの店に5分といられない。

 

 

先日、渋谷西武に行った時の様子。

流石にこれを放置して服を見ることは出来ない・・・。

 

 

誰か一緒にいてくれないと、試着もできない。

 

 

私は背が低く足が短いので、ジーンズを買った際には、

丈つめがマストであり

「このぐらいの長さですかぁ〜?」

無しにはジーンズが存在しない。

(毎回、もう一本ジーンズつくれるんじゃね?ってぐらい切られる)

 

5000円以上するパンツは生まれてから2本しか買ってない。

そのジーンズも先日、コーヒーを盛大にこぼされた。

 

当たり前ですが、フルタイムで働いている

=お金は稼いでいる

 

な!

の!

に!!

 

 

セールで判断時間3分で服を買うのがいやだーっ!

もう少しあっちの店とそっちの店も見せてよー!

5000円以上の服を無条件に「汚れるから買えない」

って思うのがー!イヤだー!!!!

 

 

高い服の買い物をしなくなると

いざ買おうとした時に「いや、いらないでしょ」

と脳みそが「悩んだら買わない」方に飼いならされてしまい

買い物がどんどんできなくなっていく。

 

服の買い方がだんだんとわからなくなってきて、

店員が怖くなってくる。

 

ユニクロでええやん。ニコアンドで、ええやん。

しまむらは逆にモノが多すぎて選ぶのに時間がかかり除外。

ネット通販は、背が低すぎて実物みないと失敗するため基本NG。)

 

漫画を買うのも、

もう物理的なマンガを増やす事は家的にイヤで。

できれば電子・・と思うと、結局電子でも買わず。

 

化粧品を買うのも

「この数千円するパレットを買うほどの顔か?」

と思ってしまい、ドラッグストアの最低限のものを買い。

 

なんだか「選択する」ことをだいぶ諦めてしまっている。

 

(追記) 

預けて買い物にいくのもいいのでは、というのもあるのですが

月に2回ほど、私は「観劇」という趣味に貴重な「預けて自分の時間」

を割いているので、それにより買い物に割ける時間はないのである・・

(だいたい1回4時間)

優先順位が 観劇>買い物 だから、そこは自己責任・・・

 

 

おかげさまで貯金は今までの人生で一番あります。

でもなんだか幸せじゃ・・ない・・・。

 

欲しいものもなくなってきてしまい、

そうすると、目標もなくなってしまい

なんだか負のループ。

 

 

夫はなんか買い物がうまいんだよなぁ。。。

出かけると私より服とか靴とか、買ってて。

 

状況が黙ってても解決しないので

自分の買い物スキルを現状に合わせて進化させないと

と、思っていますとさ。

 

 

 

Twitterもよかったらフォローしてね

twitter.com

長い間、彼氏がいない女の人って「ジム」に行きがちな気がする。

何故か、長い間彼氏がいない女の人って「ジム」に行きがちな気がする。

 私の周りね。

 

 

私も昔ジム通いしたことあるんですが、

(理由は当時の彼氏に痩せたらと言われたから)

ジム行くと「とりあえず一日の達成感」が凄い。

 

うわ~自分めっちゃ偉い~運動した~優秀~~っ

しかもなんか体軽くない?うわこれキレイになっちゃうわ~

 

 て気持ちになる。

 

その達成感が気持ちよくなると、

できるかできないかわかんない彼氏を求めて

好きでもない男とデートを取り付けるぐらいならジム行ってたほうがマシ。

という気持ちに。

 

 

彼氏作るのって超体力使うし

超精神力いるし逃げたい。

めっちゃ逃げたいと思う。

 

シラフで好きでもない男と寒空の中待ち合わせて

よくわからない話されるとか苦行すぎる。

 

それだったら、ジムいって少し健康にキレイになって

達成感があるほうが楽しい。

 

 

最初は、キレイになりたいとか3kg痩せて彼氏作りたい、だったのが、

1度ジム通いはじめると「行かなきゃ」の精神で日々がめぐってしまい、

彼氏作ろう<ジム行かなきゃ。の優先順位になってしまう・・・。

 

 

でもね、実際3kg痩せても彼氏はできないと思うんですよ。

問題はそこじゃないはず。(10kgとかのレベルだと違うと思うけど)

 

 

別に、ジムに行くのがダメとか、

彼氏いないのがダメとか、

そういう話じゃなくて、

 

ただ単純に、

彼氏がほしいけど彼氏がいない女はなぜかジムが好き。

 

だと思うという話でした。

 

 

 

こじらせ男は家電が好き、というテーマもありますが筆が進みません。

 

「それ、お金の無駄だよ」は人それぞれすぎるから言わない方がいい。

人と話していると「うわ〜もったいない〜」と思うことが時々ある。

そして、きっと私もめっちゃ思われている。

 

私は

 

・銀行の時間外手数料は気にしない。(歩いて100mの距離があるなら、コンビニでおろしてしまう)

・タマゴとか、日用品値段とかの底値は気にしない。

・舞台のS席とA席(3000円ぐらいの差がある)は絶対S席がいい。

・安い郊外より、高い都内で暮らしたい。

 

だけど

 

・ソシャゲの10連ガチャはもったいない

・タクシー代は基本的にだしたくない

・駐車場代がどうしてももったいない

・基本的にセールでしか服は買いたくない(20代はそんなことなかったんだけど・・・)

・「送料別」じゃないものを探してしまう。

・ブランド物は基本的にいらない。

 

----

 

 

ソシャゲの10連ガチャと、舞台のS席の値段は同じ3000円。

どっちに価値があるかなんて誰も決められないけど、何故か人のことは

「うわぁ、お金の無駄」と思ってしまう。

 

みんな、どこかで「もったいない」と思って節約をして、

自分が気持ちいいところにお金を使っているはずで。

 

美味しいものを食べるために、日々の日用品は安く仕入れていたりとか

日々の日用品をコツコツ調べるのが面倒だから、大きな買い物しないとか

通勤時間がもったいないから、家が都内だとか・・・

 

 

何が言いたいって、お金の使い所は人それぞれすぎるから

他人に「もったいない」って言うのはやめとこうって思った。

 

という自分へのお話。