読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

壁に向かってフルスイング

アラサー女の考えていることです

はてなの、「不幸のっかり」

ここ数ヶ月、わりとはてなにハマってはてブやら増田やら結構見た。

 

はてなユーザー?っていうのかな。は、不幸自慢(?)がはじまると、しばらくそのネタに乗っかり

「いや、俺のほうが」「いやいや私のほうが」

と続けていくようだ。

 

最近は「ぼっち」ネタが多い。

http://anond.hatelabo.jp/20140511175727

http://anond.hatelabo.jp/20140512161527

 

ぼっちは勝ち、ぼっちで何が悪い、いやいや俺のほうがぼっち。

ぼっちこそ正義・・・

のようにつながっていく。

 

他、この数ヶ月で見たのは

「毒親」親のせいで人生が狂った系

「離婚しました」離婚の判断できた俺・私、立派でしょ系

「コミュ障」コミュ障なんです私、からの、「私やっぱり病気ですかね」(ADHD的に流れる)

「結婚できません」できないんじゃなくて、しないんだけどうんぬん

「低収入」自分が生きている分だけあればいい。結婚はしない。

ブラック企業」辞めろ、転職しろと言われる待ち?

 

等・・・

 

 

「自分が底辺じゃないけど、劣っているところ」をつらつら書くと、のっかりが増えるのかなと思った。

「甘えてんじゃねぇ」と、「私のほうが辛いです。あなたはマシです」の2つの意見が出るからかなぁ。

 

こういうのっかりがあるのって、はてなだけな気がするけどどうなんだろう?

なんか見逃してるかな。

いいとか悪いとかではなく、メディアの特徴としてちょっと気になりました。まる。