壁に向かってフルスイング

アラサー女の考えていることです

アラサーちゃんと、江古田ちゃんの私の中での違い。

 アラサーちゃん、江古田ちゃん、のような女性が書く女性あるある漫画が好きです。伊藤理佐先生、内田春菊先生、くらたま先生のような。Webでいうと「独身OLのすべて」のような。miifaも好きです。風呂で読める感じが好き。

 

こういった漫画の作者さんのパーソナリティが結構気になります。あるあるだからこそ、中の人がきになる。

 

アラサーちゃんは、峰なゆか先生を知る前に漫画を知ったので、中身がAV女優と知って、さらに興味を持った。最近も男性と付き合っては別れたりしていたり、与沢翼と遊んでいたり(?)そういうのも漫画とリンクして面白い。

 

江古田ちゃんは、サイン会に行くほど好きだったのですが、ある時作者の瀧波先生が既婚でさらに子供もいる(連載途中で結婚・出産したはず)と知り、そこで一気に江古田ちゃんに対しての親近感がサ〜〜〜っと引いた。なんかコメンテーター的なこともしてらっしゃるし。

なんだよ、こんな寂しい女の気持ちとか代弁しているかのように思えて、母かよ。。的な。(江古田ちゃんは、24歳ぐらいで好きな人にはセフレのような扱いで、よく行きずりでお泊りしちゃうような子)

 

アラサーちゃんも、江古田ちゃんもエッセイではないので、中の人とリンクさせすぎる私が悪いのかもしれませんが、不幸な女の日常を書く人が幸せだと、なんだかちょっとションボリ。あるあるネタなだけに、読んでる途中に作者の考えが浮かぶというか。

 

くらたま先生なんかはTVでよく見るけど、結婚した相手もだめんずっぽくて好感。内田春菊先生はなんか作風も本人もぶっとんでるので好感。まずりん先生なんかは、顔も見たこと無い(トークショーとかでてるのかもしれないけど)から、最近だと江古田ちゃんだけ、どうしても面白いと思う反面、作者はどんな気持ちでこんな寂しい女の子を書いているのだろうか。と思ってしまうのであった。(これが育児エッセイになると話は別)

 

オチてないけど、終わる。

(もっと広義な、漫画家は顔出しすべきかしないべきか、も気にはなる)

 

アラサーちゃん 無修正1

アラサーちゃん 無修正1

 

 

 

臨死!! 江古田ちゃん(1)
 

 

 

私のTwitter

→ @ecochiko