読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

壁に向かってフルスイング

アラサー女の考えていることです

「幹事」をやってくれるアナタに感謝しています。

人生どちらかというと「幹事キャラ」です。

久々にこの前幹事をやり

「わ~~もうやりたくないぞ~^^」

と思ってしまいました。

 

そして、いつも幹事をしてくれている人には

もっと、もっともっと感謝をしよう、と。。。

 

 

幹事って、誰かが決めたわけじゃないのに、

10代のころからなんとなく片鱗が見え

20代で定着し

30代では「幹事する人」「幹事しない人」が明確にわかれる。

 

”幹事できないけれど場にいると場がもりあがる”ポジ

目指して生きていけばよかったと思います。

 

 

幹事の苦労

・誰を呼ぶか、でまず一苦労

毎回同じメンバー4人。とかであればいいのですが、

たまにある大勢の会の幹事になってしまうと、

「あの人呼んだらあの人も呼ばないとだよね?」

が出て来る。

 

そして「AとBはこの前こじれて仲悪いんだよ!」

とか出てくる。しらんがな~!

でもどっちかといえばAに来てほしいから、B呼ばなきゃよかった・・

あっ!Aが不参加表明してきた・・・

 

自分もあるんですがSNSにあがった写真をみて

「あれっ、これ呼んでくれてもいいのに」

って思うと結構切ないんですよね。

しょうがないんですよね。

 どこかで誰かにそんな思いをさせてしまうのが辛い。

 

 

あと、誘ったら周りの空気読まないで「参加」「不参加」表明して!

(いけるけど、誰かが「参加」押すまで待とう・・・)

って思う気持ちわかるけど!

 

 

・当日のドタキャンを数に考える苦労

長い付き合いになってくると

「結局体調不良で来ないやつ」「来ても最後の方にくるやつ」

がわかってくる。それを考えて店の人数とか決めないといけなくて。

 

たとえば、8人で予約しようとして、2人ドタキャンキャラがいる場合

予約しようとした店が「6名席なら空いています」

さて、あなたならどうしますか?

(私は予約しちゃうけど)

 

 

・現場が盛り上がっているかどうか

さて、やっと来た当日。

大勢になればなるほど、端のほうが気になる。

遅刻してくる人間の座る場所はどこなんだ。

はじめまして✕はじめましては、うまくハマるといいけど

ハマらないと本当にもりあがらない。

 

「新しい出会いがほしい」という人ほど、

はじめましての人に弱いのはなんでだろうね。

 

こういうときに、誰とでも仲良くできるタイプが

1人いるだけで場が安定するので、まずそのタイプが

会に参加できるかできないかを確かめるのも大事だったりする。

 

 

・細かいお金のやりとり

 上に書いたとおり、結構コースって逆にリスクだったりするので

(大人はアラカルトが幸せだし)

コースじゃないとなると

「酒のんだヤツ」と「酒飲まないやつ」で明らかにお会計は

違うくするべきなんだけど、そこの細かい調整するの結構

心苦しい。良く飲む人は最初から多めに払うのデフォでお願いします。

 

あと、もう常識として「幹事は割引」って文化にしたい。

たまにそういう居酒屋コースあるよね。

 

 

 

 

そんな細かい事が気になるなら幹事しなきゃいいじゃん

って思いますね。私もそう思います。

4人までしかやらないぞ・・・(やるのかい)

 

 

けどけど、同じ学年の子供産んだ子たちで

一度集まりたいとか思っている・・

これだからだめなんだよなぁ~~

 

 

 

幹事をやってくれるアナタに感謝しています。

 

 

これで差がつく!幹事の仕事

これで差がつく!幹事の仕事

 

 

(小学校の同窓会の次の幹事私だった

気がしなくもないことを今思い出した・・・・・・)

 

Twitterもよろしく

えこちこ (@ecochiko) | Twitter